Gr Mk23

提供: ドールズフロントラインWiki-DFwiki
移動先: 案内検索

データ

Gr Mk23 NO.99 ハンドガン
カード 99.jpg ★★★★ 国籍:--
CV:赤尾ひかる イラスト:雪櫻櫻
成長 (A) lv.1→lv.100
HP (A) 40→80
火力 (A) 11→29
回避 (B) 9→66
命中 (A) 7→53
移動 15 → 15
射速 (A) 44→63
会心 20%→20%
作戦効能 147→2657
消費
弾薬 10 → 30 配給 10 → 30
バフ
範囲
陣形 1467.png
効果 全銃種有効、火力+18%(36%
スキル
火力号令N 開幕CT6秒/CD時間15(12)秒

夜戦時において、5(8)秒間の間、味方全員の火力を18%(35%)増加させる。
昼戦時において、3(5)秒間の間、味方全員の火力を10%(20%)増加させる。

入手方法
製造 00:50:00
ドロップ --
その他 --

立ち絵

立絵99.png

立絵99J.png

立ち絵99 スイートな小悪魔.png

立ち絵99J スイートな小悪魔.png

評価

Face ヘリアン.png

人形評価募集中!

人形の評価が不足している、指揮官。
貴官には人形の評価や小ネタを提供してもらいたい。コメント欄に投稿する形でもいいし、直接編集してくれても構わない。
よろしく頼む、指揮官。


歴史

H&K MARK 23は、ドイツの銃器メーカーH&K社が開発した自動式拳銃である。MARK 23は、民生市場向けの製品名で、軍用市場向けにはMk.23などの製品名で販売されており、アメリカ合衆国ではMk.23 Mod.0の制式名称で採用している。日本では単にソーコム(SOCOM)やソーコムピストル(SOCOM PISTOL)などの通称でも知られる。

Mk.23は、SOCOMによる要求を受けてH&K社が開発した拳銃である。SOCOMは、特殊作戦用の新型拳銃について、次のような条件を示した。

1.装弾数10発以上、.45口径弾を使用すること
2.サプレッサーなどを状況に応じて着脱できること
3.悪条件下でも性能に支障を来さない耐久性(60,000発以上撃っても壊れないこと。後に30,000発以上に緩和)と耐候性を備えていること

もともとアメリカの特殊部隊では、ベトナム戦争時代にはS&W M39ベースのMk.22を使用していた。1985年にM9が採用されると、これをベースにした後継モデルの開発が検討されたものの、スライドの破断事故や、「マンストッピングパワー」の不足による9x19mmパラベラム弾に対する不信感から新型銃の開発が決定した。

H&K社では、SOCOMの要求を満たす特殊作戦用拳銃の開発プロジェクトを1991年から開始した。設計は、並行して開発されていたUSPをベースとして行われ、1992年に海軍地上戦センターにプロトタイプ30丁を納入し、その後USP開発スタッフのヘルムート・ベルデルをチーフデザイナーとして開発が進められた。そして、トライアルの結果、コルト社のソーコム・プロトを破りMk.23がトライアルを勝ち抜き、1996年に制式名称Mk.23 Mod.0として採用された。SOCOMでは採用にあたり次のようなテストを行ったが、いずれの環境下でも整備を行わぬまま6,000発の射撃に成功したとされる。

  • +P弾(強装弾)30,000発耐久射撃テスト
  • -54°から73°までの動作確認テスト
  • 96時間の塩水噴霧テスト
  • 砂塵および汚泥テスト
  • 96時間の模擬波浪テスト
  • 最も厳しい落下テスト
  • 射撃精度テスト

転載元
Wikipedia

小ネタ

募集中

ハンドガン(HG)
★★★★★
グリズリー - M950A - ウェルロッドMKⅡ - NZ75 - Five-seveN- CZ75 - コンテンダー - Px4ストーム
★★★★
コルトSAA - スチェッキン - SPP-1- Gr Mk23 - P7 - Spitfire - Thunder - K5 - ジェリコ
★★★
M9 - トカレフ - マカロフ - P08 - C96 - 92式 - アストラ - G17 - P99 - 59式 - PSM - Gr HK45 - P226 - GSh-18
★★
M1911 - M1895 - P38 - PPK - FF FNP9 - MP-446 - ブレン・テン - Gr USPコンパクト
★EXTRA
ノエル - ジル - セイ
サブマシンガン(SMG) - アサルトライフル(AR) - ライフル(RF) - マシンガン(MG) - ショットガン(SG)

コメント欄