作戦能力の強化

提供: ドールズフロントラインWiki-DFwiki
移動先: 案内検索

よくある質問 | 初心者マニュアル/やるべきこと | レベリング | 作戦能力の強化

作戦能力の強化1.png

「ドルフロ」に作戦能力を増えるため、人形育成と部隊編成の二つ大切なポイントがある。ここで効率的な人形育成方法のポイントと部隊編成の注意点をいくつか紹介したいと思う。


人形育成について

編制拡大

編制拡大は人形の戦闘力を上げる最も有効的な方法。
戦闘において、人形は【編制】単位でバトルを行う。人形は自分と同じく複数の人形と一つの【編制】を組む。
入手した時の人形は×1の【編制】(つまり一人編制)。人形のレベルが10/30/70/90になれば、同じ人形または【代用コア】を使って×2/×3/×4/×5に編制拡大できる。編制拡大は一回毎に編制の人数が+1。
一つの編制の中にある複数の人形たちがそれぞれのHP値と攻撃判定を持つ。つまり、編制拡大は人形のHPと火力を×2/×3/×4/×5倍にすると思ってもいい(他の属性は変更なし)。そのかわり、人形出撃の消費も相応の倍数になる。
ちなみに編成拡大の人形は戦闘時、獲得する経験値は{1+(編成拡大した回数x0.5)}倍になる。
リンク→編制拡大

レベル上げ

レベリングにおいて、リーダー(編成で一番左の人形)は経験値が1.2倍、MVPは1.3倍になる。また、ステージごとにレベルによる減衰がかかり、一定以上のレベルの人形は得られる経験値が2割減らす。
戦役を周回するのはレベル上げの基本。
レベル上げの場所についてはこちらを参考してください→レベル上げ(レベリング)
外部リンク→オススメのレベルリング場所まとめ

そして、模擬作戦の経験特訓を周回すれば、大量の経験値を入手できる。経験特訓で獲得した経験値は平均的に作戦に参加した全ての人形に分配する。だから、一般的には強力な部隊一つで複数レベル上げの部隊をつれて周回。
あとは宿舎で人形に作戦報告書を贈れば、その人形が経験値をもらえる。作戦報告書一つにつき、3000の経験値をもらえる。報告書は宿舎のデータルームで作成できる。

人形強化

人形のレベルを上げたところで、その人形が強くなったわけではない。レベルはあくまでHPと他の属性の上限値しか上げない。つまり、レベル上げしたあと、人形の強化を行う必要がある。他の人形または増幅カプセルで人形を強化できる。増幅カプセルは模擬作戦の強化訓練で入手できる。
リンク→人形強化

スキル強化

最後は人形のスキル強化。人形のスキルレベルも人形の戦力に大きな影響がある。スキル強化の素材は模擬作戦の資料収集で入手できる。資料収集で出現する敵は攻撃してこないので、火力の高い人形だけの編成で挑戦すればいいと思う。
リンク→スキル訓練

部隊編成について

編成及び陣形設定

編成 5.jpg

正しい編成は人形達の実力を引き出せる。今の「ドルフロ」には5種類の人形がある。おおむね、SMGはタンク、RF、AR、MGはアタッカー、HGはサポーター。

部隊を編成する時には

①SMGは他の銃の前に配置すること。SMGは高いHPと回避を持っているため、敵からのダメージを吸収して、味方人形を守る。
②タンクとアタッカーをチームに入れているのか、アタッカーとタンク位置があっているのかをチェック。夜戦の時はHGと徹甲能力を持つ人形を入れてるのかをチェック。
③一般的に、タンクは二人いたほうがいい。
④人形のバフ適性とバフ範囲。一般的にはSMGとAR、RFとHG、MGとSGは同じ編成に入れるのが基本。HGのバフは全銃種に適用する。
リンク→部隊編成

装備

人形レベル20、50、80の時に装備を人形に付けることができる。装備することで火力・命中・回避・射速・会心・夜戦・徹甲などといった能力を上昇させることができる(一部装備には能力減少のデメリットあり)。
リンク→装備